スティーヴ・ウィンウッド公式録音記録:トラフィック

Mr. Fantasy

Traffic

Side A
01. Heaven Is In Your Mind
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 4:11
02. Berkshire Poppies
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:51
03. House For Everyone
(D.Mason) 2:02
04. No Face No Name No Number
(S.Winwood/J.Capaldi) 3:30
05. Dear Mr. Fantasy
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 5:40
Side B
06. Dealer
(J.Capaldi/S.Winwood) 3:30
07. Utterly Simple
(D.Mason) 3:11
08. Coloured Rain
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:42
09. Hope I Never Find Me There
(D.Mason) 2:09
10. Giving To You
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood/D.Mason) 4:15
Producer
Jimmy Miller
Engineer
Eddie Kramer
Design
Chris Wood & CCS Advertising Associates
Photography
John Benton Harris
Musician
Steve Winwood (vo,g,org,p,b,hpsd,hca,perc)
Jim Capaldi (dr,perc,vo)
Chris Wood (fl,sax,org,perc,vo)
Dave Mason (vo,g,b,mellotron,sitar,tambura,shakkai)
Recording
Apr.-Nov. 1967 : Olympic Sound Studios, London, England
Release
Dec. 1967 :
Island ILP 961/ UK [Mono]
Island ILPS 9061/ UK [Stereo]
TrafficTraffic

Mr. Fantasy [US Edition]

Traffic

Side A
01. Paper Sun
(S.Winwood/J.Capaldi) 3:22
02. Dealer
(J.Capaldi/S.Winwood) 3:07
03. Coloured Rain
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:38
04. Hole In My Shoe
(D.Mason) 3:00
05. No Face No Name No Number
(S.Winwood/J.Capaldi) 3:30
06. Heaven Is In Your Mind
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 4:15
Side B
07. House For Everyone
(D.Mason) 2:02
08. Berkshire Poppies
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:54
09. Giving To You
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood/D.Mason) 4:15
10. Smiling Phases
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:36
11.  Dear Mr. Fantasy
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 5:33
12. We’re A Fade, You Missed This
(S.Winwood/J.Capaldi) 0:50
Producer
Jimmy Miller
Engineer
Eddie Kramer
Photography
Mike Sida
Musician
Steve Winwood (vo,g,org,p,b,hpsd,hca,perc)
Jim Capaldi (dr,perc,vo)
Chris Wood (fl,sax,org,perc,vo)
Dave Mason (vo,g,b,mellotron,sitar,tambura,shakkai)
Recording
Apr.-Nov. 1967 : Olympic Sound Studios, London, England
Release
Jan. 1968 :
United Artists UAL 3651/ US [Mono]
United Artists UAS 6651/ US [Stereo]
TrafficTraffic
アルバム概要

トラフィックはスペンサー・デイヴィス・グループを脱退したスティーヴ・ウィンウッドが、ジム・キャパルディ、クリス・ウッド、デイヴ・メイスンらと共に1967年4月に結成したバンド。ジムとデイヴは共にウスターシャ出身の音楽仲間で、63年から地元バンドのザ・ヘリオンズで活動していた。またヘリオンズ解散後の66年に、ジムが結成したディープ・フィーリングにはクリスがセッションで参加したりと、相互に共演経験があったようだ。スティーヴとの初めての出会いは諸説あるが、64年にスペンサー・デイヴィス・グループとヘリオンズが共にハンブルク巡業中にスタークラブに出演していた際、滞在先のホテルが一緒だったという。その後バーミンガムのナイトクラブ・エルボールームで、頻繁にジャムセッションを行う仲になり、66年末にはスペンサー・デイヴィス・グループのレコーディングに3人が参加するなど交流が深まり、翌年の4月にスティーヴがグループを脱退すると同時に、新しいバンド仲間として行動を共にすることになった。4人はイングランド南東部のバークシャ郊外アストン・ティロールドにある、アイランド・レコードの関係者が所有するコテージで共同生活をスタートした。都会の喧噪を離れた郊外で気ままなカントリーライフを楽しみながら、新しいバンドの音を模索しつつセッションを重ねたが、このようなスタイルで音楽作りを試みたのはトラフィックが初といわれている。そして曲ができるとロンドンのオリンピック・スタジオに赴き、ジミー・ミラーのプロデュース、エディ・クレイマーのエンジニアリングによりレコーディングが行われた。また当時コテージにはエリック・クラプトンやピート・タウンゼント、ジョン・ボーナム、スティーヴン・スティルズ、ジンジャー・ベイカーらが訪れては、トラフィックの面々とジャムセッションを楽しんでいたようだ。

そんな環境の中で67年12月に誕生したこのファーストアルバムは、サウンドもアルバムのアートワークもファンタジックな雰囲気に包まれており、当時のサイケデリック・ムーヴメントの影響を強く受けた作品に仕上がった。しかし本作は時代の流行に便乗しただけの、単なるサイケロック調のアルバムというわけではない。R&Bやブルーズ、ジャズ、フォーク、エスニック、クラシックなど、あらゆる音楽ジャンルを意識的にブレンドしようと試みたバンドらしく、各曲は多様な音楽要素をミックスしたサウンドに彩られている。この方向性の先達にはディープ・フィーリングが目指した音楽があった。スティーヴはスペンサー・デイヴィス・グループのシンプルなバンドサウンドから、ジムたちが試みていた時代に敏感な新しい音楽のほうに強い興味を抱き、トラフィックのメンバーと共にこれを実現しようとした。その最初の一打が67年5月に発表したデビューシングル Paper Sun であり、さらに本作にて大きな成果を生み出すことに成功した。アルバムがリリースされた直後、デイヴは音楽的方向性の違いからトラフィックを脱退しソロ活動に転向。そのためスティーヴ、ジム、クリスの3人は翌年の春、トリオ編成にて英米ツアーを開始し好評のうちに迎えられた。

アメリカでは英国から遅れて翌68年1月にファーストアルバムがリリースされたが、ジャケットデザインと収録曲が英国オリジナルと大きく異なっている。すでにデイヴが脱退していたため、ジャケットは彼を除く3人のポートレイトに変更された。収録曲についてもデイヴ作の2曲 Utterly Simple と Hope I Never Find Me There が外され、リリース済みのシングル Paper Sun と Hole In My Shoe に差し替えられ、曲順もかなり入れ替えられている。また1曲目 Paper Sun の後半45秒をカットし、We’re A Fade, You Missed This のタイトルでアルバムの最後でリプリーズさせ、さらに67年11月に発売されたサントラ盤 Here We Go Round The Mulberry Bush からピックアップした音楽の断片にて、各曲間の空白が小音量で埋められた。これらはアルバムのトータル性を演出するのが目的だと思われるが、アメリカにおけるトラフィックの発売元ユナイテッド・アーティスツによる、強引かつナンセンスな試みだったと言わざるを得ない。アルバムタイトルも初版は Heaven Is In Your Mind で発売されたが、まもなく英国と同じ Mr. Fantasy に統一された。なお英米盤ともにモノラルとステレオの両ミックスでリリースされ、曲によってはミックス違いが存在している。

収録曲について

サイケデリック調のロック Heaven Is In Your Mind はクリスによるサックスで幕を開ける。スティーヴのヴォーカルとピアノにジムのポコポコとした軽快なドラムズが心地よく、終盤にはデイヴのギターが加わる。ベースはスティーヴが弾いている。トラフィックという新バンドの音を印象付けるに相応しいオープニング。Berkshire Poppies はヴォードヴィルスタイルのワルツで、お遊びっぽいムードのご機嫌なナンバー。タイトルはコテージの周りにケシ=ポピーが群生していたことに由来、録音にはスモール・フェイシズのメンバーがコーラスで参加している。ネジ巻き音で始まる House For Everyone はデイヴによる単独作でリードヴォーカルも担当、タイトル通りメンバーが共同生活をしていたコテージについて歌われている。No Face No Name No Number はクラシカルなムードが魅力の秀逸なバラード。スティーヴのキーボードとオルガン、バロック風の印象的なアコースティック・ギター、それにクリスのフルートが幻想的な世界を演出する。デイヴは録音に参加していない。

タイトル曲 Dear Mr. Fantasy の誕生にはこの曲に相応しいファンタジックなエピソードがある。コテージでのある夜、ジムは紙切れに尖り帽子をかぶったギター弾きの操り人形の絵を描き、その横に「ファンタジーさん、僕たちがハッピーになるような楽しい音楽を奏でてください:Dear Mr. Fantasy play us a tune, something to make us all happy... 」と手紙風のメッセージを添えてそのまま寝入ってしまった。目を覚ました時にはスティーヴとクリスがこのメッセージに素敵なメロディを付けていたというのだ。なお「ファンタジー」はローディが飼っていた白いシェパードの名前に由来しているという。スティーヴはヴォーカルにギターとハーモニカをプレイ、デイヴのベースにジムのドラムズ、そしてクリスはオルガンを弾いている。またエンディングのマラカスは、プロデューサーのジミー・ミラーが飛び入り参加で加えたもの。現在でも歌い継がれている不朽の名作と呼ぶにふさわしいトラフィックの代表曲である。

Dealer はラテンっぽい雰囲気の曲で主にジムによって作られヴォーカルもリードする。アイランド・レコードのボス、クリス・ブラックウェルの商業主義に対する皮肉った歌詞がおもしろい。インド風ロックの Utterly Simple は、デイヴのヴォーカルによる単独作で、シタールやタンブーラなどのインド楽器もデイヴが全て演奏している。Coloured Rain はデイヴ以外の3人のペンによる曲で、スペンサー・デイヴィス・グループ時代を思わせる黒っぽいヴォーカルとオルガンを堪能できる初期トラフィックの名曲。デイヴのベースにジムのドラムズ、クリスはフルートを吹いている。幻想的な Hope I Never Find Me There はデイヴのヴォーカルによる単独作。デイヴは主にスタンドプレイにて作曲・演奏をしていたが、それはメンバー間の確執を生み出す要因にもなったようだ。ラストの Giving To You はメンバー共作によるインストルメンタルで、それぞれの楽器演奏に焦点を当てながらスリリングに展開される。You know where I’m at, but I mean jazz というエンディングのセリフは、ジミー・ミラーによるもの。

Thanks to Mr.Shige’s weblog for the knowledge of “Mr. Fantasy” recording.

Mr. Fantasy [UK Remaster CD]

Traffic

CD
01-10. Original Tracks of UK Edition [Stereo]
11-22.  Original Tracks of US Edition [Mono]
Producer
Jimmy Miller
Release
Oct. 1999 : Island IMCD 264/ UK
Traffic

Mr. Fantasy [US Remaster CD]

Traffic

CD
01-10. Original Tracks of UK Edition [Mono]
11.  Paper Sun [Mono Single Mix]
(S.Winwood/J.Capaldi) 4:13
12. Giving To You [Mono Single Mix]
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood/D.Mason) 4:10
13. Hole In My Shoe [Mono Single Mix]
(D.Mason) 2:51
14. Smiling Phases [Mono Single Mix]
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:40
15. Here We Go Round The Mulberry Bush [Mono Single Mix]
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood/D.Mason) 2:18
Producer
Jimmy Miller
Release
Aug. 2000 : Island 542 823-2/ US
Jul. 2003 : Island UICY-9269/ Japan [Papersleeve]
Traffic

Heaven Is In Your Mind [US Remaster CD]

Traffic

CD
01-12. Original Tracks of US Edition [Stereo]
13. Utterly Simple
(D.Mason) 3:11
14. Hope I Never Find Me There
(D.Mason) 2:09
15. Here We Go Round The Mulberry Bush
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood/D.Mason) 2:39
16. Am I What I Was Or Am I What I Am
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 2:43
Producer
Jimmy Miller
Release
Aug. 2000 : Island ILPS 542 824-2/ US
Jul. 2003 : Island UICY-9270/ Japan [Papersleeve]
Traffic