スティーヴ・ウィンウッド公式録音記録:ライヴ盤

About Time [Expanded/Dual Disc Edition]

Steve Winwood

CD 1
01-11. Original Tracks
CD 2 (Audio Side of Dual Disc)
01. Dear Mr. Fantasy [Live Version]
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 8:07
02. Why Can’t We Live Together [Live Version]
(T.Thomas) 6:35
03. Voodoo Chile
(J.Hendrix) 14:48
DVD Side of Dual Disc
01. Dear Mr. Fantasy [Live Video]
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood)
02. Different Light [Live Video]
(S.Winwood)
03. Take It To The Final Hour [Live Video]
(S.Winwood/A.Crawford)
Producer
Steve Winwood
Musician (Live Tracks 2003)
Steve Winwood (vo,org,g)
José Pires de Almeida Neto (g)
Walfredo Reyes Jr. (dr)
Randall Bramblett (sax,fl,org)
Café Da Silva (perc)
Musician (Live Tracks 2005)
Steve Winwood (vo,org,g)
José Pires de Almeida Neto (g)
Davide Giovannini (dr)
Jay Davidson (sax)
Karl Vanden Bossche (perc)
Recording
Aug. 2003 : Live on tour in Northampton, MA, USA [CD2: 02]
Sep. 2003 : Live in Austin City Limits Festival, TX, USA [CD2: 01/DVD Side: 01]
May. 2005 : Live at Sonoma Jazz Festival, CA, USA [DVD Side: 02-03]
Release
Mar. 2004 : Sancutuary SANDD130/ UK [Expanded Edition]
Nov. 2005 : Epic 82876746952/ US [Dual Disc Edition]
May. 2008 : Sony Music SICP 1859-61/ Japan [2CD+DVD Edition]
Steve WinwoodSteve Winwood
Expanded Edition
Steve WinwoodSteve Winwood
Dual Disc Edition
ボーナスディスクのライヴ音源

2004年にアルバム About Time は、黄色く縁取りされたジャケットによるボーナスディスク付きイクスパンド盤で再発売された。その内容は2003年のテキサス州オースティン開催の音楽祭から Dear Mr. Fantasy、同年のツアーよりマサチューセッツ州ノーザンプトンのステージから Why Can’t We Live Together、それにスタジオ新録音によるジミ・ヘンドリクスの Voodoo Chile の再演を加えた3曲で、ランニングタイムにして約30分という豪華ボーナストラックが収録されている。さらに2005年にはデュアルディスク盤がリリースされた。ボーナスディスクがCDとDVDの両面仕様になっており、オーディオサイドにイクスパンド盤と同じ内容のボーナストラックを収録、DVDサイドにライヴ映像を収録している。ライヴ映像の内容はオーディオサイドと同じオースティン音楽祭の Dear Mr. Fantasy、2005年のカリフォルニア州ソノマでのジャズ祭から、新メンバーによる Different Light と Take It To The Final Hour の3曲となっている。また日本では Nine Lives のリリースに合わせて、2008年に2CD+DVDの3枚組で限定リリースされた。内容はデュアルディスク盤と同じでDVDサイドが1枚に分割されている。

Austin City Limits Music Festival
2003 Collection: Live From Austin, Texas

Various Artists : Steve Winwood

Related Tracks
03. Different Light
Steve Winwood
(S.Winwood) 8:11
Producer
Jay Woods, George Couri, Jeff Kreinik
Engineer
Chet Himes, Steve Gerik
Musician
Steve Winwood (vo,org)
José Neto (g)
Walfredo Reyes Jr. (dr)
Café Da Silva (cga)
Randall Bramblett (sax, fl)
Recording
Sep. 2003 : Zilker Park in Austin, TX, USA
Release
Jul. 2004 : New West Records NW 6059/ US
album

Bonnaroo Music Festival 2004 [CD]

Various Artists : Steve Winwood

Related Tracks (CD 1)
04. Dear Mr. Fantasy
Steve Winwood
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 7:47
Producer
Superfly Presents, AC Entertainment
Musician
Steve Winwood (vo,g)
Randall Bramblett (org)
Walfredo Reyes Jr. (dr)
Recording
Jun. 2004 : Great Stage Park in Manchester, TN, USA
Release
Apr. 2005 : Sanctuary Records 84736/ US
album

Live From Bonnaroo 2004 [DVD]

Various Artists : Steve Winwood

Related Tracks (DVD 1)
10. Dear Mr. Fantasy
Steve Winwood
(S.Winwood/J.Capaldi/C.Wood) 7:47
Producer
Superfly Presents, AC Entertainment
Musician
Steve Winwood (vo,g)
Randall Bramblett (org)
Walfredo Reyes Jr. (dr)
Recording
Jun. 2004 : Great Stage Park in Manchester, TN, USA
Release
Apr. 2005 : Sanctuary Records 88407/ US
album
音楽フェスのライヴ音源

Austin City Limits Music Festival は、テキサス州オースティンで毎年秋に開催されている音楽祭から、2003年9月のステージのハイライトを収録したオムニバス盤。地元の Austin City Limits という人気のテレビ音楽番組が主催する野外音楽祭で、2003年が2回目の開催となる。9月19日から3日間、オースティンのダウンタウンにあるジルカー・パークに設営された8つのステージで行われ、各地から129組ものミュージシャンが参加した。スティーヴ・ウィンウッドは19日のステージに登場、本盤にはこの時の音源から Different Light が収録されている。意外にもオフィシャルとしては初リリースとなるライヴ音源だ。同曲はアルバム About Time 収録曲で、そのボーナストラックに収録された Dear Mr. Fantasy も本盤と同じステージからセレクトされている。

Bonnaroo Music Festival と Live From Bonnaroo は、テネシー州マンチェスターにて2002年から毎年開催されている野外ロック・フェス=ボナルー音楽祭の、2004年6月11~13日のステージ・ハイライトを記録した音源と映像。スティーヴ・ウィンウッドは12日に出場しており10曲を演奏しているが、本盤には Dear Mr. Fantasy のみ収録されている。当初はウィリー・ネルソンが出場する予定であったが、体調不良のため夏のツアーがキャンセルになり、代役としてスティーヴにオファーが来たようだ。またギターのジョゼ・ネトの娘さんの事故死により音楽祭前の5月のステージはキャンセルになっていたが、このステージからバンドに復帰している。

【参考】スティーヴ・ウィンウッド・ファンのShige氏が運営する Steve Winwood ライブレポート に、この音楽祭の非常に詳しい実況体験談が掲載されています。

Thanks to Ms.Suzy, Mr.Ruben & Mr.Shige for the knowledge of S.Winwood’s live information.

Back In The High Life Live [CD/DVD]

Steve Winwood

CD 1
01. I’m A Man
(S.Winwood/J.Miller) 5:50
02. Roll With It
(S.Winwood/W.Jennings) 5:52
03. Freedom Overspill
(S.Winwood/J.Hooker/G.Fleming) 5:45
04. Spy In The House Of Love
(S.Winwood/N.M.Walden/J.Capaldi) 5:32
05. Gotta Get Back To My Baby
(S.Winwood/E.Winwood) 4:59
06. Can’t Find My Way Hoome
(S.Winwood) 3:41
07. The Low Spark Of High Heeled Boys
(S.Winwood/J.Capaldi) 13:40
CD 2
01. Glad
(S.Winwood) 5:53
02. Family Affair
(S.Stewart) 5:28
03. Just Wanna Have Some Fun
(S.Winwood/N.M.Walden) 11:10
04. Higher Love
(S.Winwood/W.Jennings) 6:07
05. Back In The High Life Again
(S.Winwood/W.Jennings) 6:06
06. Gimme Some Lovin’
(S.Winwood/M.Winwood/S.Davis) 6:45
Producer
No credit
Musician
Steve Winwood (vo,org,g)
Randall Bramblett (sax,org,key)
Kevin Robinson (tp,key)
Tim Cansfield (g)
Mike McEvoy (g,key,vn)
Scott Firth (b)
Walfredo Reyes Jr. (dr)
Martin Verdink (perc)
Emma White (back-vo)
Val Chalmers (back-vo)
Recording
Jun. 1997 : Live in Loreley, St. Goarshausen, Germany
Release
Feb. 2009 : Immortal IMA 104227/ EU [CD]
Jan. 2009 : Immortal IMM 940167/ EU [DVD]
albumalbum